新しい歯列矯正方法|歯をボロボロにしないために歯医者を選ぼう|通いやすい場所で探す

歯をボロボロにしないために歯医者を選ぼう|通いやすい場所で探す

新しい歯列矯正方法

歯科

インビザラインとは患者の歯に合わせたアライナーと呼ばれるマウスピースを使って歯列矯正を行う方法です。インビザラインはアメリカで生まれた歯列矯正ですが、日本に導入されたのは2006年とかなり新しい治療法です。インビザラインは痛みが少なく、透明な素材を使っているので目立たないためにあまり人に気づかれることがありません。1日に20時間以上装着することになりますが食事の時は外しますし、歯磨きやフロスなどの手入れも普通に行えますので虫歯や歯周病の管理なども普段通り行えます。またアライナーは2週間程度で新しいものに交換するので衛生面でも安心です。インビザラインは虫歯や歯周病の治療を行ってからスタートします。

大阪にはインビザラインを行っている歯科はあるのでしょうか。東京より軒数は少ないですが大阪にもインビザラインを行える歯科はありますので、大阪にお住まいの方もこの目立たない歯列矯正を受けることが出来ます。また、大阪のインビザラインの料金は東京より若干安いところもあり、一律料金で総額を提示していてこれ以上はかかりませんという歯科もあるので治療が延びた時でも安心です。治療や費用については各歯科に問い合わせて下さい。インビザラインの治療期間は個人差がありますが大体1年〜3年位とされており、従来の歯列矯正とあまり変わらない期間です。長期間診てもらうことになりますから、治療数が多く信頼できる医師を選ぶことをお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加